ヤマダ電機のWiMAXキャンペーン 口コミ・評判を店舗に行って検証しました » ヤマダ電機のWiMAXキャンペーン » 

ヤマダ電機でTry WiMAXを申し込む方法と注意する事

読了までの目安時間:約 3分

Try WiMAXとは?

Try WiMAXはWiMAXやWiMAX 2+を15日間無料で利用することができるサービスです。
 
WiMAXやWiMAX 2+は、現在多くのエリアで使用可能になっていますが、まだまだ繋がらないエリアがあったり、地下街などでは圏外になってしまう場合があります。
 
自分が、WiMAXをよく使うというエリアはUQコミュニケーションズのホームページから確認することができますが、やはり実機で試すのが一番です。
 
Try WiMAXを利用すれば、WiMAXルーターを無料で15日間利用することができます。
もちろん、通信費や配送料なども掛からないので、気軽に試してみることができます!
 

Try WiMAXを申し込む方法

Try WiMAXは、UQコミュニケーションズのホームページから申し込む必要があります。
 
過去には、ヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店で店舗でTry WiMAXの申し込みをすることができましたが、現在は全てホームページからのみで受け付けています。
 
ホームページ内で、簡単な手続きをします。
この時に、クレジットカードが必要なので注意が必要です。
 
Try WiMAXで利用できる端末は、最新のモバイルルーターやホームルーターなどがあるので自分が使いたいルーターを選びます。現在はWiMAX2に対応した端末も借りる事ができます。
 
ホームページから以外にも、書面で申し込みをすることもできます。
 

Try WiMAXの注意点

Try WiMAXの注意点は、15日間の無料レンタルですが、商品の発送から、返却した貸出機がUQに到着するまでの期間という点です。15日間ずっとWiMAXを利用できるという意味ではありません。
 
ヤマダ電機の場合は店舗に取りに行けば即日利用する事ができます。
 
ただし、店舗によってはTry WiMAX自体をやっていなかったり、端末が不足していて古い機種やUSBタイプしか貸し出してもらえない事もあるため、事前にヤマダ電機の店舗に電話で確認しておきましょう。

ヤマダ電機WiMAXの申し込み方法&解約方法と注意する事

読了までの目安時間:約 2分

ヤマダ電機でWiMAXを申し込むには、WiMAX商品を取り扱っているヤマダ電機の実店舗に行って契約するか、オンラインで申し込む方法の2種類があります。
 
取り扱っている店舗は、ヤマダ電機のWebサイトで確認することができます。
店舗での契約なら、専門のスタッフが利用するシチュエーションや利用エリアに最適な端末を選んでくれます。
 
さらに、申し込んだその日からWiMAXを利用することが可能です。
オンラインの場合は、YAMADA Air Mobile WiMAXにアクセスして新規で申し込みます。
 
店舗、オンラインの契約に関わらず、契約には必ずクレジットカードが必要になるので注意が必要です。
 
また、WiMAXは電波の状態によっては、通信ができない場合があるので事前に自分が住んでいる場所、あるいは頻繁に使う場所でWiMAXが使えるか事前にチェックしておきましょう!
 

ヤマダ電機のWiMAXを解約する方法

WiMAXを解約をするには、YAMADA Air Mobile WiMAXのお客様サポートセンターに電話をするか、メールを送って解約の手続きをします。
 
ただし、インターネット上での解約をすることはできないので、電話で解約するのがスムーズです。オペレーターが本人確認をすることができたら、即時解約をすることができます。
 
解約をする際は、契約内容によっては24ヵ月などの縛り期間があるので、利用期間前に解約すると違約金が発生してしまいます。さらに、WiMAX2の契約は基本的には自動更新なので解約する時期には気をつける必要があります。

ヤマダ電機WiMAXのPCバリューセットを利用するメリットデメリット?

読了までの目安時間:約 3分

ヤマダ電機でWiMAX内蔵のパソコンを購入すると、「WiMAX PCバリューセット」というキャンペーンが適用され、お得にWiMAXパソコンが購入できたり、WiMAXを便利に使うことが可能になります。
 
WiMAX内蔵のパソコンをヤマダ電機で購入すると、3つの特典を受けることができます。
 
まず、WiMAXを契約する時に発生するWiMAXの登録料の3000円が無料になります。
2つ目に、加入月と翌月の基本料と通信料が無料になります。
 
3つ目は、ヤマダ電機がサービスを提供しているヤマダWi-Fiを月額料金無しで無料で利用することができる点です。
 

PCバリューセットのメリット

PCバリューセットで購入したWiMAX内蔵のパソコンは、WiMAXが受信できるエリアでならワイヤレスでパソコンをネットワークに接続することができます。
 
ですので、自宅でインターネットの回線工事をしていなくてもネットサーフィンを楽しんだりすることができます。
 
WiMAXの月額料金も3696円(税抜)と、固定回線や光回線よりもネットの料金を安くすることが可能です。
 
また、ヤマダWi-Fiが使えるので一部の地下鉄や新幹線、地下街、カフェなどWiMAXの速度がなかなか出なかったり、圏外になっているエリアでも問題無く通信をすることがでいます。
 
PCバリューセットを申し込む期間によっては、パソコン本体が割引で購入することができるキャンペーンがある場合もあります!
 

PCバリューセットのデメリットは

PCバリューセットのデメリットは、WiMAX内蔵のパソコンを購入する必要がある点です。
 
WiMAXには、モバイルルーターもあるのでパソコンを、すでに持っていたりする場合は不要になってしまいます。
WiMAX内蔵のパソコンでは他のスマートフォンやタブレットを接続するという使い方ができません。
 
また、パソコン本体の料金とWiMAXの月額料金があるので、新しくパソコンを買い換えたいという人以外には、料金が高額になってしまうというデメリットがあります。

ヤマダ電機の店舗キャンペーン WiMAXの5万円サポートとは?

読了までの目安時間:約 3分

ヤマダ電機の店頭でも、WiMAX2を契約することができます。
月額料金なども、UQコミュニケーションズや他のプロバイダと契約したときの料金とあまり変わりません
 
ヤマダ電機で契約する際のキャンペーンの目玉は2つ。1つはWiMAXの契約と指定商品の同時購入で5,000円の割引、もう1つは5万円のサポートがあります。
 
この5万円サポートが以外と複雑で店員も濁した説明をすることが多いため簡単にですが仕組みを解説します。
 

5万円サポートとは?

ヤマダ電機でWiMAXを契約した時に受けられる5万円サポートは、ヤマダ電機の商品を5万円分購入できるというキャンペーンです。
 
店舗によって、混入できる商品は異なりますが、パソコンやタブレット端末などを5万円引き(5万円を24ヶ月の分割払い)で購入することが可能ですので、WiMAXと併せてパソコンなどを買う予定がある方には一定のメリットがあります。
 

注意点

5万円サポートは一見、5万円分のキャッシュバックの様に感じるかもしれませんが、実際は月額料金に1670円が上乗せされます。
 
ですので、月々の支払いは3696円(税抜)+1670円(税抜)の5366円(税抜)と少々高額になります。
 
5万円サポートは、キャッシュバックではなく5万円の分割払いということになります。
 
ただし、1670円の支払いは24ヵ月間なので、合計40,080円の支払いとなり、残りの9920円は割引となります。また、24ヵ月以内に解約をする場合は解約金の9975円とは別に5万円サポートの残りの料金を支払う必要があります。
 

ヤマダ電機は、他社のキャンペーンと比べると弱い?

ヤマダ電機のWiMAXは、5万円サポートがあることが魅力ですが、キャッシュバックではなく分割で支払う必要があります。
 
一方、他社では2万円のキャッシュバックや、タブレットのプレゼントなどのキャンペーンを展開しているプロバイダもあります。
 
中には、月額料金が安いプロバイダもあります。
また、ヤマダ電機の場合は、毎月の利用料金が高くなってしまうのもネックになってしまいます。

ヤマダ電機のWiMAX 2を2年間利用した際の料金合計

読了までの目安時間:約 3分

ヤマダ電機でWiMAX2を2年間利用した時にかかる料金

結論から先に言うと91,704円に消費税をかけた金額となります。
 
WiMAX2+を利用する場合、基本使用料は4,196円となりますが「YAMADA Flat ツープラス」を申し込んだ場合、2年契約となる代わりに毎月の使用料が500円ずつ割引されることになります。
 
また、契約する際に契約事務手数料として3,000円必要となるため、合計の金額としては (4196-500)×24 + 3000 =91704 となります。
 

auスマートフォン利用者の割引

auスマホを持っているか、WiMAXと同時にauスマホを契約すると、「YAMADA Flatツープラス auスマホ割」を申し込むことができます。
 
これを申し込んだ場合、WiMAXそのものの利用料金は変わりませんが、auスマホの利用料金が毎月割り引かれることになります。
 
この割引はWiMAXの初回契約期間中は毎月934円、それ以降も毎月743円割引となります。「YAMADA Flatツープラス auスマホ割」は契約時に2年間か4年間と契約期間を決める必要があります。
 
この期間内に解約すると解約違約金が必要となりますが、2年間のプランでも合計で2万円以上の割引となりますし、4年間のプランでは合計45,000円近い割引金額となります。
 

オプションの支払い

「YAMADA Flat ツープラス」の基本料金は毎月3,696円となりますが、オプションサービスを利用した場合にはそれ以上の金額が必要となる場合があります。
 
WiMAX2対応機器では対応エリアの広いau4GLTEが利用できますが、これを利用するには利用した月に限り1,005円の追加料金を支払う必要があります。
 
また、店舗でWiMAXを契約したときに同時に、パソコンやタブレットなどWiMAXにつながる機器を購入した場合には、それらの購入金額から5,000円引きとなるキャンペーンを行っています。
 
しかし、毎月のWiMAXの支払いに上乗せで払うことで、初回の機器購入費を抑えることができるプランが有ります。例として、毎月のWiMAX使用料金に1,547円上乗せで2年間払うことで、契約時に購入する商品の値段から50,000円引きの価格で購入することができるようになります。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ